いしかわ予防歯科ステーション - 痛くなる前の歯科治療

いしかわ予防歯科ステーション - 痛くなる前の歯科治療
トップへ戻る

痛くなる前の歯科治療「予防歯科」

いしかわ予防歯科ステーション
  • いしかわ予防歯科ステーションのメニュー
  • いしかわ予防歯科ステーショントップへ
  • 予防歯科とは
  • 大人虫歯の予防法
  • インプラント
  • 削らない虫歯治療
  • PMTC
  • 歯周病予防
  • 抜歯後の治療
  • 唾液検査
  • 歯に良い事・悪い事
はごたえのある話
  • インプラント失敗研究記
  • 歯ごたえのある話

虫歯・歯周病治療又はインプラント後のメンテンナンスはいしかわインプラントセンター(石川)までご相談ください。患者様のお口の中の健康をお守り致します。

「痛くなくても歯医者に行く」ということの大切さ

女性

「歯が痛くなったら歯医者さんに行く」というのが、多くの人の認識かもしれません。でも、痛くなった頃には、「削る」「抜く」といった治療が必要になっています。
自分の歯をなるべく傷つけず、将来1本でも多くの歯を残すためには、痛くなってから歯医者に行くのでは遅いのです。

症状が出る前に、自己判断ではなく専門家の目で、確認してもらうことが大切でしょう。
「毎日歯磨きしているから大丈夫」という人が多いと思いますが、セルフケアだけでは十分とは言えません。

自分では落としきれない汚れが誰にでもあり、これをプロの手でしっかり落としてもらうことが、虫歯・歯周病予防を効果的なものにします。
虫歯や歯周病の治療が必要にならないように、自分自身で行うケアはもちろん、歯科医師や歯科衛生士によるケアを定期的に取り入れることが大切なのです。

予防歯科とは?

歯を磨く女性

予防歯科とは、虫歯や歯周病を防ぎ、口の中の健康を維持することを言います。口の中のクリーニング、歯磨き指導、フッ素塗布などの処置により、虫歯や歯周病の原因を最大限除去します。
また、プロによるチェックを受け、虫歯や歯周病を初期段階で発見し、小さな治療で済ませられるというメリットもあります。

「PMTC」というプロフェッショナルクリーニング

PMTCのイメージ

PMTCとは、歯石除去やバイオフィルムの除去など、自分では落とし切れない汚れを落とす、歯科医師・歯科衛生士によるプロのクリーニングのことです。
歯周ポケットなどの歯ブラシの届きにくい部分の汚れも除去できるので、虫歯・歯周病予防に大変効果があります。

唾液検査(サリバテスト)により効果的な予防が可能に!

テストする歯科医師

虫歯・歯周病の原因は一つではありません。唾液の分泌量や唾液の質、口の中の細菌の量など、多くのことが影響しています。
唾液検査は、自分自身の虫歯・歯周病リスクを化学的に分析し、効果的な予防法を割り出します。毎日の歯磨きだけでは防げない虫歯・歯周病の総合的な予防を可能にする検査です。

将来多くの歯を残していくために自分自身でできること

予防歯科で大切なことに、セルフケアとプロフェッショナルケアがあります。
セルフケアは毎日行うことですから、正しく行い、効果的な虫歯・歯周病予防に努めることが大切です。

また、もしも虫歯や歯周病になってしまった場合、歯へのダメージを最小限に抑える治療法を選択することも、将来歯を残していくために大切なことです。費用の違いなどもありますが、将来に歯を残すことを考慮した治療方法の選択も必要でしょう。

  • 大人の虫歯を予防するセルフケア

    口元を気にする女性

    大人と子供の虫歯の特徴は違います。大人は、一度治療した歯や歯と歯茎の隙間にできる虫歯が多く、大人の虫歯の特徴を知り、効果的な予防が大切。

    続きをみる≫

  • 歯磨きだけでは不十分!歯周病予防のセルフケア

    歯磨きをする女性

    「国民病」とも呼ばれる歯周病。日本では30歳以上の8割が歯周病を罹患していると言われています。一度罹患すると完治が困難な歯周病は、日々の予防ケアが必須です。

    続きをみる≫

  • 間違いケアは逆効果!歯に良いこと・悪いこと

    垂れた歯磨き粉

    歯に良くない食べ物を控えたり、美しい歯・健康な歯のための努力は大切ですが、認識が間違っていたら逆効果。正しい知識を身に付けましょう。

    続きをみる≫

  • 削らない虫歯治療

    歯ブラシとコップ

    ドリルで削る虫歯治療は、どうしても健康な歯質も削ってしまいます。虫歯の部位だけを薬で溶かして除去する、歯へのダメージを最小限に抑えられる治療方法を紹介します。

    続きをみる≫

  • 自分の歯を守るインプラント治療

    インプラント

    インプラントは、他の健康な歯を削ったり、ダメージを与えたりすることのない欠損治療。自分の歯を守り、将来多くの歯を残すことにつながる治療法と言えるでしょう。

    続きをみる≫

  • 将来多くの歯を残すための抜歯後の治療法

    頬さわる女性

    抜歯後の治療法次第で、他の歯に負担をかけ、その歯までも失ってしまうことも…。もう歯を失わないために、欠損歯の治療法の選択は慎重に行う必要があります。

    続きをみる≫


Copyright (C) 2013 いしかわ予防歯科ステーション All Rights Reserved.