削らない虫歯治療 - 歯を削らず薬で殺菌する【カリソルブ】とは

いしかわ予防歯科ステーション - 痛くなる前の歯科治療
トップへ戻る
削らない虫歯治療 - 歯を削らず薬で殺菌する【カリソルブ】とは
  • いしかわ予防歯科ステーションのメニュー
  • いしかわ予防歯科ステーショントップへ
  • 予防歯科とは
  • 大人虫歯の予防法
  • インプラント
  • 削らない虫歯治療
  • PMTC
  • 歯周病予防
  • 抜歯後の治療
  • 唾液検査
  • 歯に良い事・悪い事
はごたえのある話
  • インプラント失敗研究記
  • 歯ごたえのある話

虫歯・歯周病治療又はインプラント後のメンテンナンスはいしかわインプラントセンター(石川)までご相談ください。患者様のお口の中の健康をお守り致します。

削らないで虫歯が治る!カリソルブという新しい治療法

虫歯治療と言えば、「キーン」という嫌な音、歯を削る振動、歯を削る時の水…イヤなイメージしかないという人も少なくないと思います。
しかし、歯を削らない「カリソルブ」という虫歯治療が、日本では2007年に厚生労働省により認可されています。

削らない虫歯治療 カリソルブによる治療の流れ

  1. 薬剤を虫歯に塗布します。
  2. 時間をおいて虫歯の部分が柔らかくなったら、耳かきのような器具で虫歯を取り除いていきます。
  3. 虫歯が完全になくなったのが確認できるまで、1と2の処置を繰り返します。
  4. 詰め物や被せ物により処置を行います。

カリソルブのメリット

  • 局所麻酔を使用しなくて済むケースが多い
  • 虫歯治療特有の音や振動などによる恐怖感がない
  • 薬剤で柔らかくなるのは虫歯部分だけなので、ダメージを最小限に抑えられる
  • 神経に近い虫歯でも、神経を取らなくて済む可能性が高い

ドリルで虫歯を削る際は、再発を防ぐため、虫歯以外の部分も余計に削る必要がありますが、カリソルブならば、虫歯の部分だけが薬剤で柔らかくなるため、健康な歯質にダメージを与えずに済みます
歯の治療に恐怖感を持つ人でも、安心して受けられるという点も大きなメリットでしょう。

カリソルブのデメリット

  • 治療時間が長くなってしまう
    通常の虫歯治療の2倍程度、治療に時間がかかります。
  • 適応しないケースもある
    カリソルブでの治療は、どの症例でも適応するわけではなく、神経にまで達しているような、進行している虫歯では適応になりません。

また、カリソルブによる治療は、ドリルや麻酔を使用せずに虫歯治療ができる治療法なのですが、虫歯の穴が小さく、奥に拡がっているような虫歯の場合、表面のエナメル質のみドリルを使って削る場合があります。(薬剤はエナメル質に作用しないため)

カリソルブ治療の費用

カリソルブ治療は保険外なので、料金は歯科医院によって違います。費用の相場は1本5,000~10,000円と言えるでしょう

カリソルブでの治療料金に加えて、被せ物や詰め物の費用がかかりますが、自費治療なので、被せ物・詰め物の費用も保険が適用となりません。

削らない虫歯治療が「将来の歯のことを考えた治療法」であるワケ

削らない虫歯治療ならば、失う歯質が最小限に抑えられ、神経近くの虫歯でも神経を取らずに済む可能性が高いです。
特に、神経を取らずに治療ができるというのは、とても重要なことです。神経をとってしまうと、その歯の寿命は格段に短くなってしまうのです。

将来の歯を多く残すためには、予防歯科で虫歯を防いだり、進行する前に治療を開始したりすることがベストなのですが、虫歯になってしまった場合には、治療による歯へのダメージを抑えることも大切なことと言えるでしょう。





Copyright (C) 2013 いしかわ予防歯科ステーション All Rights Reserved.