予防歯科とは – プロによる歯のクリーニングの効果と費用/保険

いしかわ予防歯科ステーション - 痛くなる前の歯科治療
トップへ戻る
予防歯科とは – プロによる歯のクリーニングの効果と費用/保険
  • いしかわ予防歯科ステーションのメニュー
  • いしかわ予防歯科ステーショントップへ
  • 予防歯科とは
  • 大人虫歯の予防法
  • インプラント
  • 削らない虫歯治療
  • PMTC
  • 歯周病予防
  • 抜歯後の治療
  • 唾液検査
  • 歯に良い事・悪い事
はごたえのある話
  • インプラント失敗研究記
  • 歯ごたえのある話

虫歯・歯周病治療又はインプラント後のメンテンナンスはいしかわインプラントセンター(石川)までご相談ください。患者様のお口の中の健康をお守り致します。

予防歯科とは?歯が痛くないのに歯医者に行くことのメリット

「虫歯になった」「歯が痛い」など、虫歯や歯周病などの症状が出てから歯医者へ行くことを考える人が多いです。
中には、「痛くて我慢できない」という状態になるまで放置して、「抜歯するしかない」という状況で歯医者に来る人もいます。

予防歯科とは、その名の通り虫歯や歯周病を予防して、口の中の健康を維持することを言います。

虫歯で歯を削ったり、歯周病で歯を失ったりすると、元に戻すことはできません。そうならないように、虫歯や歯周病を防ぐためのクリーニングや歯石取り、フッ素塗布などの処置を行うのです。

もちろん、プロの処置を受けるだけでは、虫歯や歯周病を予防することはできません。予防歯科で大切なのは、定期的な歯科医師・歯科衛生士によるケア(プロフェッショナルケア)と、毎日の自分で行うケア(セルフケア)を両立することです。

「虫歯になりやすい」と感じている人にお勧めです

毎日歯磨きしているのに虫歯になる」という、虫歯になりやすいと感じている人には、特に予防歯科をお勧めします。

歯磨きを毎日しなくても虫歯にならない人もいるのに、毎日歯磨きしても虫歯になってしまうのは、やはり原因があります。予防歯科では、唾液検査で虫歯の原因をつきとめ、その人に適した虫歯予防を提案してくれます。虫歯になりやすい人は、効果的な虫歯予防が必要なのです。

虫歯・歯周病予防だけでない!予防歯科の効果

予防歯科の処置により、虫歯や歯周病を防いで、失う歯を減らす効果があるという研究データが多数あります。
しかし、予防歯科は口の中の健康だけでなく、口の臭いや口元の見た目にも大きな効果があると言えます。

予防歯科で口元の美しさをUP!

口元の美しさは、笑顔の印象に大きく影響します。自分の歯に自信がなくて、「歯を見せて笑えない」「笑う時に口元を意識してしまう」という人も少なくありません。

予防歯科は、白い歯とキレイな歯茎を維持する効果があり、口元の美しさに大きく影響します。

予防歯科で口臭の改善・予防

口臭と聞くと、「オヤジくさい」というイメージを抱く人も少なくないでしょう。しかし、口臭は「若いから大丈夫」ということはありません口の中の汚れが原因で、20代でも30代でも口臭が起こります
歯をしっかりクリーニングすることで、口臭を改善し、口の中をスッキリさせることができます。

予防歯科の費用と保険

予防歯科は、保険が適用となりません。保険が適用となるのは治療が目的の場合であり、予防が目的となる処置は保険が適用とならないのです。
自由診療であるため、費用は歯科医院によって異なります。例えば、PMTCの費用相場は5000円程度(30分)と言えますが、中には10,000円以上かかる歯科医院もあります。

予防歯科は、歯科医院によって費用は違ってくるので、受けたい検査や処置が決まっている場合には、事前に費用を問い合わせておくと安心かもしれません。

歯石取りは保険が適用する?

歯石取りは、歯周病や歯肉炎があると保険がきく処置です。歯周病がない場合、または、歯周検査を受けず病気が確認されない場合に、自費治療となります。
(保険診療で歯石取りを行う場合には、事前に検査をしなければならないルールがあります。)

痛くもないのに歯にお金をかけるのはちょっと…

痛くもないのに、お金をかけて歯科医院に行くことに抵抗がある人もいるかもしれません。でも、虫歯や歯周病になってしまったら、治療費がかかるだけでなく、痛い思いをしたり、歯を削ったり、歯を失う可能性だってあるのです。インプラントなどの治療では、数十万円の費用がかかります。

考え方はそれぞれですが、自分の歯を大切にし、歯にかかる治療費を抑えるための出費としての考え方もあるでしょう。





Copyright (C) 2013 いしかわ予防歯科ステーション All Rights Reserved.