将来歯を多く残す抜歯後の治療 - ブリッジ/入れ歯/インプラントの比較

いしかわ予防歯科ステーション - 痛くなる前の歯科治療
トップへ戻る
将来歯を多く残す抜歯後の治療 - ブリッジ/入れ歯/インプラントの比較
  • いしかわ予防歯科ステーションのメニュー
  • いしかわ予防歯科ステーショントップへ
  • 予防歯科とは
  • 大人虫歯の予防法
  • インプラント
  • 削らない虫歯治療
  • PMTC
  • 歯周病予防
  • 抜歯後の治療
  • 唾液検査
  • 歯に良い事・悪い事
はごたえのある話
  • インプラント失敗研究記
  • 歯ごたえのある話

虫歯・歯周病治療又はインプラント後のメンテンナンスはいしかわインプラントセンター(石川)までご相談ください。患者様のお口の中の健康をお守り致します。

抜歯後の治療法選びが、将来残せる歯の数を左右する!?

抜歯後の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つの方法があります。
それぞれの治療法のメリットとデメリットは次の通りです。

ブリッジ:両サイドの歯を支えにして歯を補う治療法

メリット

  • 違和感が少ない
  • 噛む力が強い
  • 見た目が良い(使用する素材により異なる)
  • 保険治療が可能(費用を安くできる)

デメリット

  • 支える歯を削らなければならない
  • 支えになる歯に負担がかかる
  • 装置と歯肉の隙間が汚れやすい

入れ歯:他の歯を支えにして複数の歯を補える治療法。

メリット

  • 保険治療が可能(費用を安くできる)
  • 外れるので衛生管理がしやすい

デメリット

  • 見た目が良くない(入れ歯とすぐわかる)
  • 支えになる歯に負担がかかる
  • 装置と歯肉の隙間が汚れやすい

インプラント:人工の歯根を埋め込んで歯を補う治療法

メリット

  • 見た目が良い(自分の歯に近い仕上がり)
  • 寿命が長い
  • 他の歯に影響を与えない

デメリット

  • 手術が必要になる
  • 保険外治療なので、費用が高くなる
  • 骨量が足りないと、適応にならない

健康な歯を削ることのリスク

ブリッジや入れ歯による治療の場合、支えとなる歯を削る必要があります。入れ歯の場合は、バネをかける歯を少し削り、ブリッジの場合は、両サイドの支えとなる歯を大きく削ります。

支えになる歯は、健康な歯であっても削る必要があるほか、力がかかりやすく、負担がかかりやすくなってしまいます。そのため、支えとなる歯を失うリスクが高くなってしまうのです。

抜歯後の治療法は、なるべくならば保険内の治療法を選びたいところですが、将来残せる歯に影響するかもしれないということを念頭において、医師と相談し、十分に検討してから選ぶことが大切でしょう。

インプラント治療が適していることの条件

インプラントは、他の健康な歯を削る必要はありませんし、負担をかけることもありません。しかし、全てのケースでインプラントが適している訳ではありません

インプラント治療は、骨量が十分になければ適用となりませんし、糖尿病があると失敗リスクは高くなります。また、治療部位によっては、インプラント治療の難易度が高くなる場合もあります。
インプラント治療は、将来多くの歯を残すとい面で、他の治療法よりもメリットは多いのですが、総合的にみて、自分に最も適した治療方法を選ぶことが大切でしょう。





Copyright (C) 2013 いしかわ予防歯科ステーション All Rights Reserved.